VirtualBox+CentOS(2) セットアップ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

CentOSのセットアップ

ひょんなことからMacBook ProにVirtualBoxをインストールして、CentOSを動かさないといけなくなったので手順をメモしておきます(;・∀・)

前回はVirtualBoxにCentOSをインストールするところまでやりました。今回はインストールしたCentOSの設定を行っていこうと思います。

ちなみに仮想化ソフトもLinuxも初心者ですので、間違っていた場合はご指摘ください m(_ _)m

環境
VirtualBox : バージョン 6.0.4 r128413 (Qt5.6.3)
CentOS : 7.6
Mac : 10.13(High Sierra)

ネットワーク設定

とりあえずアップデートして諸々を最新版にしようと思います。ターミナルで次のように打ってみてください。

 $ sudo yum check-update

さっそくエラーになります。。。(´・ω・`)

確認

確認してみましょう。ターミナルで nmcli device と入力してEnterを押してください。

nmcliコマンド

nmcliコマンド

コマンドの結果が「enp0s3 ethernet disconnected」となっていますので、ネットワークに繋がっていないようです。

enp0s3となっている箇所は、環境によって異なります。これ以降でenp0s3と出てきた場合はご自身の環境に読み替えてくださいね♪

設定

設定ファイルを修正します。ファイル「/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-enp03s」を編集してみましょう。

 $ sudo vi /etc/sysconfig/network-script/ifcfg-enp03s

一番最後の行が「ONBOOT=no」となっています。これを「ONBOOT=yes」に直しましょう。

もしviの使い方がわからない場合は、次のようにしてください。

  1. Jを押して最終行まで移動します。
  2. Lを押して行の最後まで移動します。
  3. Iを押して入力モードにします。
  4. Deleteを押してnoを削除します。
  5. Y,E,Sを押してyesを入力します。
  6. escを押して入力モードを解除します。
  7. :, w, qを押して保存し、viを終了します。
ONBOOT=no

ONBOOT=no

↑が↓になればOKですよー

ONBOOT=yes

ONBOOT=yes

再度確認

設定が終わったので、一度再起動をかけましょう。

 $ sudo reboot

再起動したら、もう一度「nmcli device」コマンドを入力してみてください。

 $ nmcli device

enp0s3 ethernet connected enp0s3という文字が表示されればOKです。

設定完了

設定完了

リポジトリ設定

ネットワークが繋がるようになったので、今度はyumで参照するリポジトリのミラーサイトを設定しておきましょう。

ミラーサイトはできれば複数登録しておいてください。一つでも構いませんが、その一つのサイトが何らかの理由でダウンしていると、アップデートできないことになります。

設定

ミラーサイトの設定ファイルは「/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo」です。これをviで開いてみましょう。

 $ sudo vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

baseurlのところがコメントアウトされているのがわかるかと思います。

Base.repo

Base.repo

ここにbaseurlを追記していきます。

あ!! ちなみにCentOSのミラーサイトについては、一覧があります

ここでは次の3つを選択しました。

  • http://ftp.riken.jp/
  • http://ftp.jaist.ac.jp/
  • http://ftp.iij.ad.jp/

viでファイルに書き込み

viでファイル(CentOS-Base.repo)に書き込みを行っていきます。

viを入力モードにするにはキーボードのIを押してください。

あとはJ, Lでファイルを進めていただければOKです。

戻る場合はKまはたHですよ ♡^▽^♡

コメントアウトされている #baseurl — の行はそのままにしておき、その下に追記します。

 [base]
 (略)
 #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
 baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
     http://ftp.jaist.ac.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
     http://ftp.iij.ad.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/

次のようになればOKです♪

ファイル書き込み後

ファイル書き込み後

一度保存しましょう。

viでの保存はesc:wとしてくださいね。

続けて書き込み

上の設定では[base]のところにbaseurlの設定を書きました。
[base]だけではなく、[updates], [extras], [centosplus]の各ディレクティブにも同じ設定を行いましょう。

同じ設定を貼り付けていくだけなので、viでコピペしちゃいましょう。
次の手順でコピペできるので、試してみてくださいね ♡^▽^♡

  • escを押してviをノーマルモードにしておく。
  • baseurl=となっている行にカーソルを合わせる。
  • キーボードの3yy を押します。これは3行ヤンクする、という意味のショートカットです(yank=引っ張る)。
  • ペースとしたい行にカーソルを移動し、キーボードのpを押します。

以上でコピペできるはずです♪

全てのディレクティブにコピペできたら、ファイルを上書きして閉じましょう。
viでのファイル上書きは :wEnterです。
viを終了する場合は :qEnterです。
連続して :wqEnterとすることもできますよ。

アップデート

ネットワーク、ミラーサイトの設定が終わりました!!
いよいよアップデートしてみましょう!

確認

ターミナルで次のように入力してEnterを押してくださいね♪

 $ sudo yum check-update

最初はアップデートするべき項目が多いので、待機時間が長くなります。

アップデート

アップデートのチェックが終わったので、実際にアップデートしていきます。
ターミナルで次のように入力してEnterを押してください。なお、これ以降の操作で本当にアップデートするかどうか聞かれる場合があります。
今回はそのままYを入力して、更新を続けてください。

 $ sudo yum update

これでOSのアップデートは終わりです。
お疲れ様でした!!

ではまた (・ω・)ノシ

コメント