VirtualBox+CentOS(3) GuestAdditionsのインストール

スポンサーリンク

スポンサーリンク

GuestAdditionsのインストール

前回まででOSのアップデートまで終了しましたので、今回はGuestAdditionsのインストールを行いたいと思います。

環境
VirtualBox : バージョン 6.0.4 r128413 (Qt5.6.3)
CentOS : 7.6
Mac : 10.13(High Sierra)

GuestAdditionsとは、ゲストOS(VirtualBoxにインストールしたOS)の操作性を向上させるツール類で、以下のようなことができるようになります(他にもあるかもしれません (тωт`) )

  • マウス操作が格段にUP
  • デスクップ解像度の変更
  • ウィンドウサイズの変更
  • 共有フォルダー
  • クリップボードの共有

これは入れるしかないですよね(*゚▽゚)ノ

インストールしよう

早速インストールしていきますが、その前に必要なパッケージを入れます。

その後でGuestAdditionsをインストールしましょう。

必要なパッケージのインストール

GuestAdditionsをインストールするために必要最低限のツールをインストールしておきます。

次のように入力してEnterを押してください。

 $ sudo yum install gcc make kernel-develop bzip2

途中、本当にインストールするかどうかの確認がありますがYを押して進んでください。

しばらくするとインストールが完了します。

GuestAdditionsの挿入

次に一旦外に目を向けましょう。ゲストOSが動いているウィンドウのメニュー「VirtualBox VM」を確認してください。

「Devices」→「Insert Guest Additions CD image…」とありますので、これをクリックしてください。

これでCentOSにCDが挿入されたことになりました。

では次のようにマウントポイントを作成し、このCDをマウントしましょう。

 $ sudo mkdir /mnt/cdrom

マウントします。

 $ sudo mount -r /dev/cdrom /mnt/cdrom

移動します。

 $ cd /mnt/cdrom

ls コマンドで VBoxLinuxAdditions.run というファイルがあることを確認してください。

 $ ls -l

ファイルを実行します。

 $ sudo sh ./VBoxLinuxAdditions.run

しばらくするとインストールが完了するので、CentOSを再起動してください。

 $ sudo reboot

以上でGuestAdditionsのインストールが完了しました ٩(ˊᗜˋ*)و

確認しよう

念のため、正しいモジュールが入っているか、また、正しいバージョンかどうかを確認しておきましょう。

モジュールの確認

モジュールの確認はlsmodコマンドで行えます。

vboxで始まるモジュールが組み込まれていればOK!

 $ lsmod | grep vbox
モジュール確認

モジュール確認

バージョンの確認

バージョンの確認modinfo vboxguestコマンドで行えます。

version:を確認してVirtualBoxのバージョンと同じならOK!

 $ modinfo vboxguest
バージョン確認

バージョン確認

最後に

これでGuestAdditionsのインストールは終了です。

マウスの操作や、クリップボートの共有ができるようになったので、操作性がかなり向上すると思います\(^o^)/

次回はvimのインストールと設定を行いたいと思いますので、ぜひご覧くださいね✧٩(ˊωˋ*)و✧

ここまでお読みいただいてありがとうございました。

ではまた!!

コメント