Raspberry Piとは?

Raspberry Pi (ラズベリーパイ) とは

詳しいことはここ(Wikipedia)に書いてあります。

が、それでは説明にならないので自分が知っている限りのことを書いていきます。何番煎じだよオイ、という突込みは無しで生暖かい目でご覧ください。

rasberry pi (ラズベリーパイ) とはイギリスで生まれた教育用小型コンピュータのことで、ラズベリーパイ、ラズパイなどと呼ばれています。性能は現在の主だったPCに比べると劣りますが、一昔前のデスクトップ/ノート型PCに匹敵し、実際WEBやメールを見るだけならこれで十分と言えます。

公式サイトはこちらです。

2013年に発売された Raspberry Pi 1 から順調に成長し、現在発売されているRaspberry Pi 3(Model B+)ではCPUが1.2GHz(クアッドコア)、メモリが1GBとなっています。

モデルによって異なりますが、HDMIポート(x1)、USBポート(x4)、LANポート(x1)を備えています。無線LANが付属するモデルもありますので、本当に手のひらサイズの小型PCといった感じです。

教育用に作られただけあって値段も手ごろで、およそ5000円ほどでAmazonや各種通販で購入可能です。

ただし、モニタ、キーボード、マウスは付属していないので別途お求め頂くか、今使用しているものを流用する形になります。また、HDDもついていないので、OSを入れるためのMicroSD(8GB以上)が必要になります。

OSはLinux(Debian)をベースにしたRaspbianをインストールして使用しますが、その他OS(以下参照)も利用できます。


  • Raspbian : Pi用OSのなかでは主流とも言えるOS

  • Ubuntu : Pi用Ubuntu(デスクトップ版)

  • Ubuntu mate : 上記Ubuntuの軽量版デスクトップ版

  • Ubuntu server : 上記Ubuntu Mateのサーバ版でGUI無し

  • Xubuntu : 軽量版Ubuntu

  • Raspbian lite : Raspbian からGUI要素をなくしたもの(軽量)

  • Cent OS : Piにインストールできるらしいです(未確認)

  • Windows 10 IoT Core : Pi用のウィンドウズ(参照

。。。Ubuntuばっかりですやんと思うでしょうが、上記はほんの一例です。ほかにも様々なディストリビューションがありますがとても追いきれない(書ききれない)ので、興味があればググってください。

何に使う?

使い方は人それぞれですが、主にプログラミングや電子工作などに使えます。

プログラミング

ベースがLinuxなので様々なプログラム言語をインストールして使用できます。C、C++はもちろん、機械学習用としてPython、Webアプリの勉強としてPHP、Ruby、Javaなど、ほとんどのプログラム環境を用意することができます。

電子工作

GPIOがついているので自分でブレッドボードやLED、抵抗、モーターなどを用意して自分だけのデジタルデバイスを作ることが可能です。
色んな人が色んな物を作って公開していますので、ぜひ検索してみてください。ちょっと古いですがこういうの、作ってみたくなりますよね。

サーバ

Linuxが入っていますので、Webサーバやファイルサーバにしている人もいます。

Raspberry Pi 3でファイルサーバ兼iTunesサーバを作る
Raspberry Pi 2にSoftEtherを入れてVPNサーバーを構築してみる
Raspberry Pi 3でウェブサーバーを建てる ① 初期セットアップ編

皆さんもぜひ、ラズパイを入手して自分だけの使い方を模索してみてください。
ではまた!

コメント