Raspberry Pi 3 初期設定まとめ(3) ユーザー設定

OSの初期設定

前回でOSのインストールが終わりました。

OSのインストールが終わったら、初期設定を行います。

ここではログインするユーザを作成するまでを目指します。

OSアップデート

前回の設定でインストールを行った場合、すでに画面にRaspberry Pi 3のデスクトップが表示されているかと思います

画面左上に表示されているターミナルを起動し、以下の文を入力、エンターを押してください。

sudo apt-get update && sudo apt-get install

途中、本当に実行するか否かの問い合わせが表示されるのでYEnterを押してください。

ユーザの作成

Raspberry Piにログインできるユーザーとパスワードはデフォルトで以下のように設定されています。

デフォルトで、ということは世界中どのラズベリーパイでもこのIDとパスワードでログインできてしまうんですね。

ユーザーID パスワード
root なし
pi raspberry

このままでも問題はありませんが、もし外部に接続してサーバなどで使用する場合、第三者が簡単にアクセスできてしまうので、対策を施します。

  1. rootのパスワードを変更します。画面上のターミナルを起動して次の通り入力してください。

    pi@raspberrypi:~ $ sudo passwd root
    Enter new UNIX password:
    Retype new UNIX password:
    passwd: password updated successfully
    pi@raspberrypi:~ $
    

    新しいパスワードを入力するよう促されるので、入力してエンターを押すと設定できます。入力しているパスワードは表示されません。

  2. 新しいユーザーを作成します。ここでは仮にretaxを作成してみます。

    pi@raspberrypi:~ $ sudo adduser retax
    Adding user `retax' ...
    Adding new group `retax' (1001) ...
    Adding new user `retax' (1001) with group `retax' ...
    Creating home directory `/home/retax' ...
    Copying files from `/etc/skel' ...
    Enter new UNIX password:
    Retype new UNIX password:
    passwd: password updated successfully
    Changing the user information for retax
    Enter the new value, or press ENTER for the default
            Full Name []:
            Room Number []:
            Work Phone []:
            Home Phone []:
            Other []:
    Is the information correct? [Y/n] Y
    pi@raspberrypi:~ $
    
  3. ユーザ名を入力するとパスワードを聞かれますので、2回連続で入力します。上述の通り、パスワードは表示されませんのでご注意ください。
    その後、Full NameやRoom Numberなどを尋ねられますが、全てEnterキーを教えて省略可能です(入力してもOK)

  4. retaxをpiと同じグループに設定します。

    # piの所属するグループを確認する
    pi@raspberrypi:~ $ id pi
    uid=1000(pi) gid=1000(pi) groups=1000(pi),4(adm),20(dialout),24(cdrom),27(sudo),29(audio),44(video),46(plugdev),60(games),100(users),101(input),108(netdev),999(spi),998(i2c),997(gpio)
    # retaxを同じグループに追加する
    pi@raspberrypi:~ $ sudo usermod -aG adm,dialout,cdrom,sudo,audio,video,plugdev,games,users,input,netdev,spi,i2c,gpio retax
    # 確認
    pi@raspberrypi:~ $ id retax
    uid=1001(retax) gid=1001(retax) groups=1001(retax),4(adm),20(dialout),24(cdrom),27(sudo),29(audio),44(video),46(plugdev),60(games),100(users),101(input),108(netdev),999(spi),998(i2c),997(gpio)
    pi@raspberrypi:~ $
    
  5. piのパスワードを変更しておきます。

    $ passwd
    Changing password for hoge
    (current) UNIX password:
    New UNIX password:
    Retype new UNIX password:
    passwd: all authentication tokens updated successfully
    

以上です。
次はこの新しいユーザーを使ってログインするところまで設定します。

スポンサーリンク

コメント