Raspberry Pi 3 初期設定まとめ(8) NTPで時刻合わせ

機材準備
OSインストール
ユーザー設定
SSH設定

前回まででおおよその設定は終わりました。
ラズパイからキーボードもマウスもモニタも外して構いませんし、リモートから触って遊べます。
ここからはその他の便利な設定について説明します(必須ではありません)。

NTPの設定

RaspberryPi3(Model B+)の時刻設定を行います。

Raspbian(Stretch)からsystemd-timesyncdを使うようになっています。
従来の/etc/ntp.confはありませんのでご注意を。

cat で /etc/systemd/timesyncd.confを確認します。

$ cat /etc/systemd/timesyncd.conf

# 14行目付近
[Time]
#NTP=
#FallbackNTP=0.debian.pool.ntp.org 1.debian.pool.ntp.org 2.debian.pool.ntp.org 3.debian.pool.ntp.org

vim で /etc/systemd/timesyncd.confを開き、以下のように書き換えます

$ sudo vim /etc/systemd/timesyncd.conf

# 14行目付近
[Time]
NTP=ntp.jst.mfeed.ad.jp ntp.nict.jp
FallbackNTP=time.google.com

NTPを有効化します。

$ timedatectl set-ntp true

サービスの再起動を行います。

$ sudo systemctl restart systemd-timesyncd.service

ステータスを確認します。

$ sudo systemctl status systemd-timesyncd.service

● systemd-timesyncd.service - Network Time Synchronization
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/systemd-timesyncd.service; enabled; vendor preset: enabled)
  Drop-In: /lib/systemd/system/systemd-timesyncd.service.d
           mqdisable-with-time-daemon.conf
   Active: active (running) since Sat 2018-06-16 19:12:57 JST; 5s ago
     Docs: man:systemd-timesyncd.service(8)
 Main PID: 1933 (systemd-timesyn)
   Status: "Synchronized to time server 210.173.160.27:123 (ntp.jst.mfeed.ad.jp)."
   CGroup: /system.slice/systemd-timesyncd.service
           mq1933 /lib/systemd/systemd-timesyncd

 6月 16 19:12:57 pi systemd[1]: Starting Network Time Synchronization...
 6月 16 19:12:57 pi systemd[1]: Started Network Time Synchronization.
 6月 16 19:12:57 pi systemd-timesyncd[1933]: Synchronized to time server 210.173.160.27:123 (ntp.jst.mfeed.ad.jp

以上です。

コメント