紙とペンだけでプログラミング!(2)

スポンサーリンク

紙とペンだけでプログラミング!(2)

前回の続きです。

今回も紙とペンだけを使ってプログラミングの「考え方」を勉強していきましょう。

対象年齢は小学校1年生〜ですが、プログラミングをやったことがない人も対象になります。

「プログラムって難しいんでしょう?」とか「何だか分からないから近寄らない」とか思っている人にも見ていただきたいと思います。

あ!指導案ってタグをつけていますが、学校の先生方が作るガチのやつではないので、ヒント程度に思ってくださいね。

一周しよう!

前回使った命令を覚えていますか?

そう!

  • 前に1マス進む
  • 右を向く

↑の2つでしたね。

では、これを使って次の問題を解いてください。

問題

前回同様に紙に9つのマスを書いてください。

車は左下に配置します。

左下に配置

左下に配置

この状態から、上の2つの命令を使って車を一周させましょう。

どうやればいいかわかりますか??

解答

難しくありませんね。答えは次の通りになります。

  1. 前に1マス進む
  2. 前に1マス進む
  3. 右を向く
  4. 前に1マス進む
  5. 前に1マス進む
  6. 右を向く
  7. 前に1マス進む
  8. 前に1マス進む
  9. 右を向く
  10. 前に1マス進む
  11. 前に1マス進む
  12. 右を向く
一周する

一周する

同じ命令

ここまで子供達にやらせたら、ちょっと問いかけてみてください。

「何か気がついたことがありませんか?」と。

「同じ命令が繰り返されている」ことに気が付けばOKです!

上の解答をよく見てみましょう!

No[1,2,3]、[4,5,6]、[7,8,9]、[10,11,12]は同じ命令の塊ですね。

同じ命令を何度も書くのって面倒じゃないですか?

そんな時に役に立つのが「繰り返し」です。

繰り返し

「繰り返し」は「はじめ」と「おわり」があります。

「はじめ」と「おわり」の間に命令を挟みます。命令は何個あっても構いません。

「はじめ」の後ろに何回繰り返すかを書きます。

くりかえし命令の書き方(サンプル)

くりかえし命令の書き方(サンプル)

↑分かりやすく図にしてみました。

  • 「はじめ」から命令を実行して「おわり」まで行きます。
  • 「おわり」に行ったら「はじめ」に戻ります。
  • これをN回繰り返します。

簡単ですよね?

上の図に当てはめて、車が一周する場合を考えます。

No[1,2,3]、[4,5,6]、[7,8,9]、[10,11,12]は同じ命令の塊でしたね。

  • 前に1マス進む
  • 前に1マス進む
  • 右を向く

これらを4回繰り返すと車が図を一周することになります。

車を一周させる繰り返し

車を一周させる繰り返し

書き方はお任せします。上の図のようなものでなくても、繰り返しの開始終了回数が分かるようなものであればどんなものでも構いません。

私は次のように書くことが多いです。

  • 繰り返し:はじめ:4回
    • 前に1マス進む
    • 前に1マス進む
    • 右を向く
  • 繰り返し:おわり

最後に

今日は重要な命令「繰り返し」を学びました。

繰り返しはどんなプログラミング言語にも必ずある、重要な概念です。

ぜひここで学んでおいてくださいね。

ではまた!

コメント